炭水化物ダイエット中に甘いものを食べても良いの?

根強い人気の低炭水化物ダイエットですが、甘いものは食べてもよいのでしょうか。
このダイエットは、その名の通り、炭水化物を出来るだけ摂らず、たんぱく質や野菜中心の食事を行うことで、ダイエット効果を狙うというもの。
ポイントは、完全に炭水化物を抜いてしまうのではなく、少しずつ減らしていき、体を慣らしていくということ。
急に炭水化物を抜いてしまうと、低血糖など体の不調を起こしてしまう恐れもありますから、体の様子を見ながら慎重に行いましょうね。
甘いものに関しては、クッキーやドーナッツ、チョコレート、ケーキなど、糖質と脂質がくっついているものは要注意です。

 

さすがに、ダイエット中にこれらを食べることはNGですよね。
でも、ちょっとした工夫をすれば、低炭水化物ダイエット中でも、甘いものもOKになるんですよ。
糖質も脂質も使用しない甘いもの、実は自分で作れちゃうんです。
例えば、エネルギーとならない人工甘味料を利用すれば、様々なスイーツが作れちゃいます。
寒天ゼリーや、フルーツゼリーなどは食物繊維やビタミンも摂れるのでオススメです。
フルーツや野菜で作ったスムージーに、砂糖替わりのはちみつを加えても。
ちょっとした考え方で、甘いものも食べることができますよ。

 

 

炭水化物ダイエットでは空腹感を強く感じる?

今流行の炭水化物ダイエットですが、空腹感が強くて長続きしないことはないのでしょうか?
炭水化物を完全に抜いたり極端に減らすことでやせようという最近すっかりメジャーとなった方法ですが、空腹感がとても強くて我慢できずにどか食いして失敗する、というパターンがかなり多いようです。
結論からいってしまうと、完全に抜くのはもちろん、極端に減らすのも誤ったダイエット法であるといえます。
炭水化物が分解されて生成される糖質は、脳の唯一の栄養素です。
糖質が足りなくなると、脳が正常に機能せずに、ぼーっとした感じが続いたり、集中力の低下、無気力を引き起こすことがあります。

 

このように糖質が足りない状態が続くと、エネルギー源を失った脳は強烈な空腹信号を出すようになります。
他のものを食べてお腹だけ膨らませても、脳をだますことはできません。
他のものでは脳の栄養素にならないからです。
こうして脳から空腹信号が出続けていると、耐えがたいほどの空腹感を感じるようになります。
そしてご飯やパスタなどを短時間に大量に食べてしまい、リバウンド。
これが炭水化物ダイエットお決まりの失敗パターンです。
これを防ぐには、ダイエット効果が得られると同時に強い空腹感を感じないようにする低炭水化物ダイエットがオススメの方法です。

 

 

空腹でイライラしたらどうすればいいの?

炭水化物ダイエットは、炭水化物であるご飯やパンを減らしてダイエットする方法です。
脂質、タンパク質と共に三大栄養素である炭水化物は大切な栄養素であり、全く摂取しないでいると栄養のバランスが崩れ、身体を壊してしまいます。
そこで適度に減らしながらダイエットすることが重要です。
また極端に食事制限をすると、イライラして続けていくことが難しくなってしまいます。
ご飯やパンなどの主食は、一日に摂取するカロリーの2分の1位になります。
これらの摂取量を減らすことで、不足分のカロリーを補うために、身体の中に蓄積している脂肪が燃焼して、体重が減少し痩せていくのです。

 

炭水化物の摂取量を少なくすると、血糖値の上昇を抑制して食欲が抑えられるといわれています。
そのために、食欲が抑えらないといったことが少なくてすむのです。
もしこのダイエットをして、食べる量が減ることで物足りなくてイライラした時には、タンパク質や野菜を増やします。
特に食物繊維が多い野菜は、よく噛んで食べることで満腹感が得られます。
こんにゃくや海藻、またスープなどの水分の多いお料理はおすすめです。
炭水化物は、脳の働きに必要な栄養素です。
気分の落ち込みやイライラが続く場合は、あまり無理をせずに、摂取量を調節しながらダイエットすることが大切です。

 

 

炭水化物ダイエットは運動もしたほうがいい?

炭水化物制限ダイエットは運動はすべきでしょうか?結論から言うと運動は必ずすべきと考えます。
なぜなら、運動をしないと全身の皮が弛んでしまう可能性が高いからであり、ウォーキングといった有酸素運動に加えて腹筋や背筋といった筋肉トレーニングを行えば引き締まった体を手に入れられるでしょう。
無理な炭水化物制限ダイエットはリバウンドの可能性が高い事から、普段食べているご飯や麺の量を半分にするといった事から始めると無理なく半年以上にわたって継続できるので、炭水化物制限ダイエットを始める場合は最低限取るべき糖質を事前に学習しておくと健康的に痩せられるでしょう。
白米が大好きな方の場合は、玄米・大麦を加えて炊く事によってGI値と呼ばれる血糖値を上昇させる指数が下がりますので、白米2・大麦1といった比率にして炊くのがおすすめです。

 

なお、理想的な運動時間はウォーキングの場合は8千歩や1万歩とされている事から、エネルギーが脂肪に変わりにくい夕飯後に歩くと良いでしょう。
日中に時間のある方は昼間に歩いても問題なく、そのような場合は夕飯の量を控えめにすると減量が順調に進みます。
ダイエットでありがちな停滞期が訪れても根気強く続ければ打開できますので、諦めずに頑張って健康体を取り戻しましょう。

 

 

関連ウェブサイトはコレ!

こんな具合で、炭水化物ダイエットには色々な知識があるということです。
色々な方面の知識を持っていることで、より理解が深まるということがあります。
ダイエットしたい方が探すと良いかもしれない情報として、太りたい方向けの知識を集めてみるのも良い可能性があります。
太りたいときにどういった行動をとるべきかがわかれば、逆の対策も考えることができるからです。太りたい方向けの情報はこちらのサイトでまとめられています。